接続ユニットとパワーコンディショナー

一般の家庭で太陽光発電をするにあたっては、いくつもの設備をはじめから整備して、ひとつのシステムを構築する必要があります。

パワーコンディショナーに関する情報が幅広く集まります。

さしあたって必要なのは、実際に日射によって発電を行う太陽光パネルですが、これは屋根材と一体化していてマイホームを新築するときにいっしょに設置できるものと、屋根に架台を取り付けて、その上に設置する後付けのものとがあります。



太陽光パネルは、屋根の形状によって何枚にも分かれていますので、接続ユニットで配線を束ねるとともに、逆流を防止します。
その次にパワーコンディショナーが設置され、直流になっている電力を、交流に変換制御します。

ほかにもいろいろな設備がありますが、特にパワーコンディショナーは、太陽光発電による電力を、マイホームのなかで家電製品を動かしたり、電力会社に売却することができるかたちにする上で重要な設備です。このパワーコンディショナーのなかには、本来は別々の設備のはずの接続ユニットの機能を内包した製品もみられます。



太陽光発電では、いくつもの設備を通過するたびに、エネルギーのロスが発生して、実際に発電した電力と、家庭内で利用したり、売却したりする電力の量が、大きく食い違ってしまうことがあります。

一般家庭の場合には、業務用とは違ってもともと発電量が少ないため、少しのエネルギーロスでも影響が大きくなってしまいます、そこで、接続ユニットと一体型のパワーコンディショナーを選択すれば、エネルギーのロスを減らし、効率を高めることにつながります。