パワーコンディショナーの性能について

一般の家庭において、太陽光発電を導入するにあたっては、いくつもの設備がなければなりません。

パワーコンディショナーの様々な情報を掲載しています。

マイホームの新築にあわせて、一括してシステムを組むことができれば、それがもっとも適切な方法ですが、すでに建築されているマイホームに、後付けで設備を取り付けることも、もちろん可能です。
この場合、屋根に架台を載せるなど、設備以前の準備としての工事や補修が必要になることがあります。
太陽光発電の設備としては、まずは屋根の上で太陽光を受けて発電をする太陽電池モジュールが必要です。パネルを屋根の形状や面積にあわせて配置するため、これらから発電された電力を束ねる接続ユニットや、直流の電力を交流の電力へと変換するパワーコンディショナー、家庭内での利用や売電のための分電盤とメーターも必要です。このような設備のなかでも、パワーコンディショナーは、自宅内でも売電でも使える電力を供給する上で、なくなはならないもので、よりすぐれた性能をもつ製品を選択したほうがよいのは当然といえます。



パワーコンディショナーをはじめとして、生み出された電力が何らかの設備を通過するたびに、いくらかのロスが発生するものですが、このようなロスをできるだけ少なくするのが、すぐれた製品の条件です。


パワーコンディショナーの場合には、変換効率とよばれる指標があり、この数値が高いほど、ロスが少なく、電力を有効利用できることになります。



すなわち、発電効率の高い製品は、性能がよい製品とイコールの関係になります。