パワーコンディショナーの保証

パワーコンディショナーは太陽光発電システムで使用される機器としては故障する確率が高いため、保証を利用する可能性が高いです。

パワーコンディショナーのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

そのため、どのようなときに保証を受けられなくなるのか調べ、適切な利用をしなければなりません。

保証に関してはシステム全体の適用されるものと、各機器を個別の保証するものがあります。



太陽光発電システムは複数のメーカーを組み合わせて使うこともできますが、スペック通りの動作になるのは全てを同じメーカーにしていた場合になるため、全体の保証を受けるのであればメーカーを揃えましょう。
パワーコンディショナーで保証を受けられない要因として不適切な利用がありますが、太陽光過積載もこれに該当する場合があるので注意します。

近年はメーカーも有効性を意識しているため、対応する製品が販売されてきています。しかし、古い製品は未対応のものが多いので、過積載した場合の保証が明確になっていません。



過積載率が高くなると適用外になることもあるため、後付けでおこう場合には使用しているパワーコンディショナーでどこまで保証されるのか問い合わせましょう。

保証期間の範囲内であっても、メーカーが倒産して業務が引き継がれなかった場合も受けられなくなるため、倒産時の対応についても確認しておくと安心です。


一般的な保証期間は10年、有償で15年以上になるものもあり、長期間の運用が前提となります。

安定しているように見える大企業でも不祥事で倒産することがあるので調べておいた方が良いでしょう。