パワーコンディショナーは太陽光発電に欠かせません

パワーコンディショナーというのは太陽光発電システムにおいてとても重要な役割を果たす機器ですが、太陽光発電システムを導入した経験のない人は、その存在をほとんど知らないです。太陽光発電システムと聞いて多くの人がイメージするのが、住宅の屋根などによく設置してある太陽光パネルの方です。

特徴のあるパワーコンディショナー情報を調べられるこのサイトはオススメです。

太陽光パネルももちろん太陽光発電システムにおいては重要なものには違いありませんが、太陽光パネルだけでは不十分で、パワーコンディショナーがあって初めて家庭で太陽光で発電させた電気を使えるようになります。



太陽光パネルで発電させた電気はそのままだと直流で、これをそのまま家庭用の電気として使うことはできません。家庭用の電気として使う場合には交流に変換してやらなければいけませんが、その役割を担うのがパワーコンディショナーというわけです。パワーコンディショナーを経由することで直流が交流に変換され、家庭で使う様々な電力機器で電気を使えるようになります。
また、電力を売電する際の調整を行う機能などもあります。


パワーコンディショナーと太陽光パネルを購入する際は、両者の出力をしっかりと合わせてやる必要があります。

これが合っていないと無駄が生じることになり発電効率が悪くなります。
また、数十万円はする高価なものですから、保証期間も長くついているものが望ましいです。10年くらいの保証が多いですが、会社によっては20年の保証が付いているところもあります。

また、保守点検も重要なので、そこもしっかりとチェックしたいところです。